イベント

 今回の第4弾のイベントは、7月5日の「第2回 タナバタの夕べ」です、当日の夕方は雨が降らない予報です。明日から2日間は雨で、準備が追いつかないようです。  イベントの内容は、竹短冊づくり、舞台でちびっこ発表やカラオケ、浴衣姿の撮影会、子ども向けに竹節に隠したかぶと虫探し、肝試し、、弓矢的当て、花火、そして汁物を振舞っての夕食会です。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

駐車場開発

 イベントで乗用車15台位以上の参加者の時は、約8百m離れた町体育館駐車場から歩いてj会場に来ていただいていました。筍など荷物がでたら駐車場まで軽トラックで運んであげていました。  そこで、別な用件でユンボで工事してもらうことから、駐車場の開発を思い立ち急いで整地をしてきました。今日で邪魔な竹や植木を切り、下刈り、切り草や落ち葉を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ご結婚おめでとう

 5月4日の新茶摘みに参加され、自らの結婚式の引き出物にしようと、一生懸命に製茶までされたお嬢さん、  私とはそれまでも数回、イベント等のことでお会いしています。竹林をとても気に入っていただいています。  私もご結婚記念品を贈りたいということで、今日訪ねてきていただきました。  私の記念品は、数年前まで教え子や友人の進学や…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

畑のハウス

 20aの畑の隅に苗を育てようと3月16日に竹ハウスを作りました。    ところが、屋根ひご竹が短かいために、屋根を半円よりつぶした格好で作ってしまった。そのため縦横のひご竹の間に雨水が溜ってくぼみ、とうとう屋根を解体するはめになってしまいました。      そこで、今まで作っている6個の竹ハウスのように、半円形の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 畑の脇に植えていたグミの木に熟れた実がなっていました。とても美味しく、実のなる木は有難いものです。        大型ハンモックの2つ目が完成しました。大型が3台になりました。子どもは数人で乗れるのが好みで、はしゃぐ姿が目に浮かぶようです。      今年初めて作ったサツマイモの苗床、苗が伸びては切り取り畑に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

情報誌「じゅぴあ宮崎」に掲載

  ゆとりある人生を楽しむ情報誌「じゅぴあ宮崎」(194号・6月号・A4・全87頁)に掲載され、今日2冊送られてきました。「田舎の元気・まちの元気」のコーナーで2頁に紹介されました。   4月20日の「里山竹林でアソボー」のイベントを取材されたものです。タイトルは「一年中、遊んで、学ぶ。竹林がまるごと舞台!」で見出しが「食も遊びも、竹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飾り竹づくり

早出し筍を多く掘り出すためには、竹林の間伐が必要です。傘を広げて竹の間を練り歩ける位の竹と竹の間隔を得るためです。私の竹林はそれ程間伐はしていませんが、地面に太陽の光が注ぐようになると草も生えてきます。この草は刈り取らなければなりません。  また、浅い竹の根からは枝竹?が芽吹きます。これも切り取ってまわります。     …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

 竹の皮拾い保管

 今年の筍は非常に少なく(裏年)、間伐していない竹林では殆ど竹林の周りに痩せた筍が数本位だったようです。  私の竹林はまあ間伐され、少しは施肥もしますのであちこちと大きな筍が出ました。心配しましたが筍狩りを4日間する量があり何とか例年の行事ができてホットしました。  竹の皮は5月3日から一昨日まで毎日およそ2時間位かけて拾い…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

新茶摘みのイベント

 5月4日 かぐや姫の里山主催で新茶摘みの体験イベントを行いました。  参加者は大人35人、子ども20人でした。  新茶の持ち主は無農薬で果樹も栽培されている方でした。米ぬかでいろいろな菌を培養した土作りに皆感心されていました。畑は勿論自然農法で草は必要なほど刈り取られ、その下の土は10cm位ほくほく柔らかな土でした。  …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

姫坐像を竹林に移動

 今までかぐや姫の座像は、竹屋根のハウスの中に鎮座していましたが、この度竹林内に雨除けのスタードームをセットしましたので、その下に移動しました。  これで竹から生まれたかぐや姫のイメージが出て、また写真のスポットになってくれればと願っています。    5月4日のイベント「新茶摘みと煎り・灰汁巻きづくり」のため、沢山の平釜が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「竹の葉プール」の遊び創作

 今日はボーイ、カブ、ビーバーの子どもたち38名と隊長や保護者17名が筍狩りを行いました。筍は23日の雨で少しは芽出しがあったが不足気味だった。筍の丸焼き、焼き芋を試食してもらいました。  子ども達の一番の楽しみはやはりカブトムシの幼虫探しで、我先に大きな幼虫を腐植土入りの袋に3匹ずつ納めていました。  昼食後、隊長さんたち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初の竹の落ち葉の遊びゲームを準備

 明日はB・S(ボーイスカウトビーバー、カブ隊)約35人が筍狩りに挑戦されます。  明日は「竹の落ち葉を利用した遊び」を提供しようと準備ができています。その遊びを子ども等にさせてくれるか伺ってOKなら、「遊びゲーム」の初披露となります。その感想はどうだろうかと心配もしていますが・・・。結果は後日報告いたしましょう。  4日間…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

保育園の筍狩り

 よい天気に恵まれ、保育園職員や親子 約60名がかぐや姫の里山で筍狩りを楽しみました。大人1人に約5kgの筍、園児1人に3匹ずつのかぶと虫の幼虫を持ち帰ってもらいました。  昼食はおにぎり持参でしたが筍の味噌煮、山菜の天ぷらを、また試食として竹飯と筍の丸焼きをふるまいました。園児はハンモックに寝そべったり約4時間親子の楽しいふれあ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

筍狩り①

 4月13日10時から14時まで筍狩り、およそ子ども35人、大人15人の参加でした。  その日のスナップを紹介します。    昼食で竹のお椀に筍の味噌煮をふるまっています。  竹飯や焼き筍は味見をしてもらいました。    かぶと虫の幼虫を飼育している腐植土塚の周りから、手袋をして幼虫を掘り出している子…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

7本の筍

 朝8時30分実家の竹林へ、そして11時頃、7名のお客さんを迎えた。(内2人は、MRTラジオのスクーピーでたけのこ掘りを4分位取材された)  たけのこ掘りを体験していただき、筍の味噌煮、竹飯(竹の節で炊き込みご飯を炊く)、皮つき筍焼き、焼きいも,竹の食器等でもてなした。  一本の竹の根に7本の筍が寄り添って生えている筍を3人…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

玉ねぎ畑の除草と椎茸駒打ち

今日は、畑に植えた500本の玉ねぎ(縦横各15cm間隔)苗床一面の草を取り除き、玉ねぎの膨らみかけた玉の上部をを地表にむき出しにしました。後2回位は除草します。そして5月初めの新茶摘みとちまきづくりのイベント時に参加者に収穫体験をしてもらいたいと思っていますが?玉ねぎの苗床の写真です。隣にはジャガイモ200個が植えられています。遠方の…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

かぐや姫の里山とは

 昨年9月「十五夜のゆうべ」のイベントの中で、実家の竹林を「かぐや姫の里山」と命名し開所式典を行いました。その時式典会場にセットした作品の一部が次の写真です。  この写真は作者不明の「竹取物語」の絵本の模写額です。中学校の恩師のご厚意の寄贈です。  この写真は、里山のシンボルとして制作した「かぐや姫」の座像(高さ1.2m)…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

竹林の魅力

 我が実家の竹林は、ほぼ平坦な地形にあり、直径15cm以上で高さ15mくらいの孟宗竹がほぼ一面にそびえ立っている。竹の上部は枝や葉で覆い尽くされている。  竹林はマイナスイオンを発生させ、癒しの効果があるとされる。また、竹の日陰の風は涼しく、さわさわという風の音、ひらひらと舞い落ちる竹の葉、垂直に乱立する竹・また竹、地面には一面の竹の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日は

今日は、かぶと虫の幼虫のえさとなるクヌギの木を砕いた腐食土を軽トラック1台分戴いてきました。そして、実家にある竹の枠で囲った飼育場(写真)に保管しました。  7~8月に成虫になったかぶと虫が卵を産んでくれる所になります。たぶんここに100匹位の幼虫がすむことになるでしょう。    幼虫は、6月中旬頃から2回脱皮しさなぎなっていき…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

はじめまして!

 はじめまして!ブログを早くから開設してみたいという思いが果たされようとしています。感激です。画像と取り込みが今までうまくいきませんでした。手順に沿ってやってみます。 ありがとう!いろいろなアドバイスいただきスムーズにいっています。画像はカットさせていただきました。
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more