1年間分の竹は十分備蓄

 「木六竹八」と言いて竹は旧歴の8月に切れという習わしが有ります。私は遅れて11月に切り今まで山にほおっておきました。もう中には地面と接する所が腐りかけているのも多く残念です。    山で6mに切り、担いで軽トラックに積み保管場所に運びました。  そして車庫に増設したおろし屋根の下と牛小屋裏の卸屋根の下にまず積み重ねました。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

えの木もちづくり

  2月8日(日)の旧歴の正月14日(小正月の前日)に、「えの木もちづくり」を実施できました。参加者は19名でした。木の臼にもち米を蒸していれ、3本のキネで変わり交代につきました。  赤(食紅)、緑(よもぎ)紫(紫さつまいも)、白の4色の餅をつき、更に小さくちぎってえの木の枝に挿したりくっつけたりして、4色の餅をちりばめました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2月8日のえの木もちづくり

 2月8日(日)午前10時~12時に実施します「第1回 えの木もちづくり」の案内をしています。  今回は、町広報紙での案内をしませんでしたので参加者がいまだに数人です。  内容は、もち米を1くぼずつ蒸して、臼に移して打つ前に色もち用の赤ー食紅、緑ーよもぎ、紫ー紫いも等を混ぜて数人がキネでつき、もちに仕上げます。つきたての餅をちぎ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more