7本の筍

 朝8時30分実家の竹林へ、そして11時頃、7名のお客さんを迎えた。(内2人は、MRTラジオのスクーピーでたけのこ掘りを4分位取材された)

 たけのこ掘りを体験していただき、筍の味噌煮、竹飯(竹の節で炊き込みご飯を炊く)、皮つき筍焼き、焼きいも,竹の食器等でもてなした。

 一本の竹の根に7本の筍が寄り添って生えている筍を3人で協力して掘り出した。細い筍の根が竹の根にくっついていること、筍から沢山の白い根が出てきて筍だけで地中から水や養分を取れるように成長していることが分かる。

 素晴らしい筍たちなので小学校で児童に見てもらうように連絡した、明朝から4日位展示して筍の芽の出方や成長を教えていただきたい。

 写真は1本の竹の根に7本の筍が芽を出した様子(小さい2本は途中で折れてしまった)
画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風の旅人
2008年04月09日 00:00
1本の根っ子から7本の筍が出ていたのですか。
桃とか果実だったら大きくするために間引くことをしますが、筍はそれぞれが根を下ろしているのですか。

なるほどなあ
そうしないと栄養分は回りませんね。

この筍が学校の教材になるなんて、それは良い考えですね。
生きた見本として役に立ちますね。

その一連の模様は宮崎のラジオ局の取材があったんですね。
電波に乗ってますます県民に伝わっていくでしょう。
2008年04月09日 07:44
村さん、おっはよ!凄いね!この竹林は村さんちの道路を挟んだ前の竹?
懐かしいなあ~。昔、ノコクズをいっぱい積み上げた小屋みたいなのがあって、そこでY君と飛んだり跳ねたりしたのを覚えてる。
家族が多くて、あの頃はホントに村さんち賑やかだったよねえ~。
おじちゃんもおばちゃんも優しかったよねえ~。懐かしいなあ~。
海のはなし
2008年04月09日 17:04
記事が随分読みやすくなってビックリしてます!
前記事コメントで風の旅人さんが仰ってたように
村さんのコメントも良くなってますよ~!

筍っていうのは、あっちにポツリ、こっちにポツリと伸びてくるのかと思ってたら、こんなに密集して伸びてくるものだったんですね・驚
うみのはなし
2008年04月09日 17:04
海のはなしは、ある日を境に筍を食べなくなりました。
死んだ母との苦い思い出があるから…
20代後半の海のはなしは家業を継ぐために都会からUターンしました。
父母と同居で、当時は寝る暇も無く忙しく…
ある日の昼食は頂き物の筍を母が煮て料理してくれて
『ご飯と味噌汁と筍の煮物』(この三品のみ)を食べました。
その日の夜も『ご飯と味噌汁と筍の煮物』
次の朝も『ご飯と味噌汁と筍の煮物』
次の昼も『ご飯と味噌汁と筍の煮物』
さすがに4食『ご飯と味噌汁と筍の煮物』が続いたので
「こう毎日毎日筍の煮物だけ食べられるか!」と怒鳴って、
5食目の夕食(もちろん『ご飯と味噌汁と筍の煮物』)は食べずに
1人で近くのラーメン屋で済ませました。
“ひどい事を言ったなぁ…”と今では後悔してます。
筍を見るとあの時の申し訳無さそうな母の顔を思い出します。
2008年04月09日 19:35
 風の旅人さん、今晩は!久しぶりにブログを書きました。
 筍がまとまって7本もあるのは私も初めての発見です。普通2本まではよくあります。

 竹の根には数センチ間隔に節があり、その節毎に芽が付いています。その芽が大きくなって筍になるかどうかは日光(間伐の有無)や降水量、肥料等が左右します。7本の筍にはよっぽど好条件があったのでしょう。

 でも今年は裏年で筍はまばらです。筍狩りの新聞広告は断って少しでも参加者に満足してもらうようにしました。昨年は2倍の参加者があってもよいほど豊作だったのですが残念です。間伐など手入れしていない竹林では筍は殆ど生えていないようです。自然には逆らえませんね。
2008年04月09日 19:47
 さよちんさん、今晩は! 筍を湯がいて今朝発送しましたよ。

 よく小さい頃の事を覚えていますね。確かに約百m離れたお家は製材所でしたからノコクズ山で遊んでいました。チャンバラや穴を掘ったり、かくれんぼなど沢山の子どもが集まっていましたね。
 
 
2008年04月09日 20:21
 海のはなしさん、今晩は!
 ブログのスタイルの改良は教えていただいたお陰で感謝いたしています。コメントに絵文字など入れたいと思うのですが?

 情景を表す文面から筍料理を嫌いになった理由がよく分かります。確かにお母さまは旬の内に食べさせようとされたのでしょうね。家族9人の私の家も大鍋で何日分も一度に作っていましたよ。

 私が今まで元気なのは繊維の多い筍を年中(乾燥筍も)食べさせられたお陰で胃が強くなったと自慢する時がありました。しかし竹の様には背が伸びず小柄です。

 旬の筍を沢山の方に食べてもらっていますが、筍が嫌いという方は殆どありません。ですから初土産にも自信を持って筍を持参します。嫌いではないでしょう?
2008年04月10日 21:54
村さん、明日にはタケノコ届くのかなあ~。うれしいなあ~。
明日も早く帰って来よう!明日早速何を作ろうかな?
先ず、お煮付け?タケノコご飯?お味噌汁?全部食べたい!!
2008年04月11日 05:44
 筍と一緒にかぐや姫の里山竹林塾の年間計画などを同封することを忘れていましたので、今日郵送します。故郷に想いを巡らしてください。
2008年04月12日 00:43
村さんさん♪
1本の根っ子から7本の筍ですか。面白いですね。
さよちんのところで美味しそうな竹の子を見てきたところです。
新鮮なほり立てはさぞ美味しい事でしょうね。
海の話さんの思いで>死んだ母との苦い思い出があるから…
私も亡くなった父が竹の子が大好物でふと父を思い出しました。
私の作るものはすべて美味しいとかでインスタントコーヒーでも
ソナチネちゃんのは世界一の味と言ってくれた父でした。
竹の子の次期になると優しかった父を思い出します。

風さん、来年村さんとこのかぐや姫の里山竹林塾に
竹の子堀に行こうか。♪
風の旅人
2008年04月12日 23:24
来年のことを言ったら鬼が笑うで。
と言いながら、宮崎行きならホイサッサと計画しまっせ。。
でもワテは気軽に計画するけど、肝心のソナチネさんは計画倒れでっしゃろ。
さよちんも引っ張り出して、みんなで宮崎に筍堀に行こう\^o^/
2008年04月13日 22:40
 ソナチナさん 今晩は!
 風の旅人さん 今晩は!
 手入れされた竹林そしてその根っこに乱立する筍、竹林には半円球のドームや吊るされたハンモック、そして大鍋の筍の味噌煮や山菜の天ぷら、これらは5月連休までは提供できます。来年と言わず計画してみてください。今年が無理な時は・・?? 住所をさよちんさんに大阪で会った時教えられるといいですね。
ソナチネ
2008年04月14日 00:32
村さんん&風さん♪
じゃ今年中に行こうか。でも5月連休は無理。
夏は暑いねえ。お金貯めなきゃ・・・。
住所おしえます。おしえます。♪
さよちん
2008年04月14日 20:14
村さん、こんばんわ!今日郵便が届いたよ。すっごいね!
村さんの「やる気」満々が見えるよ。ゆっくりじっくり読むね!
スキャナーで取り込んでブログにアップしようかと思ったけど、村さんの住所や名前が出てるから止めたの。頑張ってね!
風の旅人
2008年04月15日 00:40
宮崎まで飛行機なら早割で片道18000円ほど。
その気になればパート収入で行けまっせ。

夏は暑い?
夏は筍がありまへんで。
ゴールデンウイークなら飛行機の切符空いてまっせ。
どないや~
大男さんも連れてきたらどないや~
喜びまっせ。

この記事へのトラックバック