ミニ門松づくり

 2008年の大みそ日を迎えました。本年も「熱中即ち幸福ーなせば成る」で満足の年となりました。

 我が家の十大ニュースを日記を元にまとめてみました。本当に元気なのが有難い。沢山の方々との出会いもありました。沢山の方々からのご協力や援助もありました。この充実感はそんな方々のお陰です。感謝!、感謝!

 さて、かぐや姫の里山竹林塾の最後のイベントは「ミニ門松づくり」でした。12月21日(日)雨天の予報でしたが 1日中雨は降らないで盛会に終わることができました。約50人の参加者でした。

 門松づくりは、大型缶詰の缶の周りに割った竹で囲った容器を使いました。1人2個ずつの缶ですので100個の缶、300本の竹、大量の松の葉・梅の枝・ゆずり葉・南天の葉や実・裏白のシダ、缶に詰める砂やシラス、わら縄等の準備が大変でした。

 
画像


 門松づくりが終わった方がそば打ち体験をする台も準備しました。山芋のつなぎのおいしいそばを腹いっぱい食べていただきました。

 
画像


 午後からは、2種類のしめ縄づくりでした。

 
画像


 私がその後作ったミニ門松です。12戸分を作りましたがすべてお世話になった方々へのお礼として使いました。

 
画像


 その後、室内(床の間)用の門松ー2本の短い孟宗竹に乗せた50cmの孟宗竹の節の中央を削った穴に竹や松などをセットーを15個作り、8個を老人福祉施設へのプレゼント(昨年も)、他は殆どお歳暮にしました。
    

画像


その後、菊鉢に畳表を巻きつけた門松を5戸分作りました。これは注文とお世話になった会社へのお礼に使いました。

 
画像


 また、12月には念願の車庫も会場入り口にできました。屋根のだ円形の円筒鉄管7本をいただいたので実現しました。間口4.7m、奥行き6m、支柱の高さは2mです。これで雨天でもこの車庫の中で作業できます。

 入口や道路に沿って延びた一ッ葉2本を掘り起こした会場でした。イベントのためには仕方ありません。

 
画像


 屋根の部分の円筒の梁に9本のタルキを打ちつけその上に波板を張り付けて完成させました。その屋根をクレーンでつり下げて支柱に固定していきました。

 
画像


 出来あがった車庫は会場右からの町道から真正面にそびえ目立つ存在になりました。

 
画像


 後7分で2009年を迎えます。皆様ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様方のご健康、ご多幸をお祈り申し上げます。


 
 

 

 

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

風の旅人
2008年12月31日 23:46
今年もいよいよ終わりですね。
最後の取り組みはやはり門松造りでしたか。

この写真を見ると豪華な門松に出来ているじゃありませんか。
貰った方もきっと喜ばれていることでしょう。

ボランティア活動でのこの一年間。
本当にご苦労さまでした。

このかぐや姫の里山竹林塾が、今後もますます発展されることを祈願いたします。
来年もよろしくお願いします。
2008年12月31日 23:59
 風の旅人さん、3月26日にこのブログを開設して以来、ずっとご教示や励ましなど、誠にありがとうございました。
 本当に気になるブログですが、続けることが何よりと今後も頑張ります。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。素晴らしい年をお迎えください。
2009年01月01日 17:19
村さん、悲しかった年をどっかへ持ってって、やっと新しい年がやって来ました。
その節は大変お世話になりました。
ついに「門松」の記事だね!あの準備が雨で流れたら村さんが可愛そうだなあ~って思ってたけど、良かった!無事終えることが出来たんだね!
今日、村さんからの年賀状が届いてました。(ありがとう)
私は喪中の葉書も出せてなくてごめんなさい。
しかし、果てなく続きそうな村さんのボランティア作業・・・
私は卒倒しそうだった。あの作業場。一人じゃ無理だよ。
そう言えば子供の父親が遊んでるなあ~、なんて無責任に考えちゃったよ。
ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ・・・嫌だって言うかな。ボランティア参加。
かよわい奥さんを使うのは可愛そうだからさ!私なら速攻、逃げ出しちゃう。
今年もよろしくお願いします。私の今年初ブログ、ながあ~いけど読みに来て!
2009年01月02日 21:12
 さよちんさん、おめでとうございます!

 私はただただ夢や目標を追いかけているようです。「今やらねば・・・」という作業に追いかけられ、余裕のない生活をしています。ですから、過去の事を悔やんだり懐かしんだりしている暇もないほどです。ですから旅行もできません。

 さよちんさん、健康第一ですね。子や孫に心配かけないようにお互い気をつけましょう。

この記事へのトラックバック