十五夜の夕べ

 1ヶ月延期して迎えた十三夜の10月11日(土)、「第2回 十五夜の夕べ」を約70人の参加者で賑やかく開催しました。

 
画像


 延期したイベントの参加者募集は口コミが主流となり大変でした。今までお世話になった方々、会場の地元の皆さん方に招待状を持参し、参加費も安くして臨みました。
 会場は、昨年作成した姫坐像や看板や額などで飾り付けしました。

 
画像


 
画像


 午後4時集合し、希望者はさつまいも狩りに出かけました。お子さんがいも掘りを止めようとしないのに親は説得に苦労していました。

 
画像


 午後6時からシンボルのかぐや姫座像横の看板、会場入り口の石の看板の除幕式を行い、祝杯をあげ夕食会に移りました。参加者持参のおにぎりに主催者側からの豚汁や十五夜団子、更にジュースやアルコールとつまみの煮つけも振る舞われ交流が行われました。

 
画像


 今年はかがり火が竹林の散歩道の入り口の両端にセットされ、更に神秘的な雰囲気を醸し出しました。

 
画像


 午後7時から、しの笛の里一座の皆さんの出演がありました。しの笛に合わせ太鼓をはじめ沢山の打楽器などが賑わいを添えました。オカリナの演奏もあり、竹林に深々と響きわたる音色に参加者は魅了されていました。音響はカラオケ教室も主催している弟の機材をセットできました。

 
画像


 途中 薄暗い竹林の中から羽衣を着た天女の舞があり、皆さんあっけにとられて見入っていました。

 
画像


 30分後からマジシャンの登場で、1本のロープが棒になったり炎に包まれたりそれは不思議な世界でした。参加者も手品に協力し、更に楽しい雰囲気に包まれました。

 
画像


 その後 しの笛の演奏で参加者も歌ったり、男女の飛び入りの踊りがあり笑いに包まれました。

 
画像


 今回の夕べは、駐車場も完備され、兎のお香立ても土産に、料理や出し物の振る舞いで参加者一同十分に満足いただけたと思います。しの笛の音色が竹林にマッチしていたと素晴らしい感想をいただきました。
 本当に友情出演の皆さん、参加者の皆さんに感謝申し上げます。十五夜綱引き、竹林バッチングゴルフの用意をしていましたが、お子さんの参加が少なく行えなかったのが心残りとなりました。
 来年は、体験活動などを行う施設や団体とタイアップして、午前中や午後の部を設け一日中の活動として募集できたらいいなあと夢を膨らましています。
 次のイベントは11月23日(日)の「第2回 柿・さつまいも狩り、竹の皮ぞうりづくり」で、参加者数によっては草履作りの講師をもっとお願いしなければなりません。頑張りましょう!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風の旅人
2008年10月15日 10:37
1ヶ月遅れの十五夜の夕べ
70人の参加者があって大成功ですね。

地元の方の意気込みが伝わってきます。
多くの方の協力なくして、このようなイベントは成功しません。
ほんとうに良かったですね。

来月の企画も楽しみですね。
どんな盛り上がりをするのか、更新が楽しみにしています。
2008年10月15日 21:33
 風の旅人さん 今晩は! いつも早速のコメントありがとうございます。
 本当に皆さんのお陰です。ご協力いただいた方々へのお礼は、竹炭や竹酢液、さつまいもなどの農産物などで許していただいています。これでは済まないのですが、ボランティアでの作業をお願いしています。
 数年後には小・中・高校で体験活動が必須になってきますね。私たちの竹林塾ではどんな体験を提供できるか考える時期になりました。風の旅人さん! どんな活動があるかヒントをいただけないでしょうか。お願いします。
海のはなし
2008年10月18日 21:08
ひと月延ばせば沢山の参加者は望めない…と以前記事にされてた企画ですね。
沢山の人が参加されて大成功でしたね。
夜遅くまで沢山の人で賑やかだったあの竹林
きっと今頃はひっそりと静まり返って
村さんは満足気に月でも愛でているんでしょうね~
2008年10月18日 21:50
 海のはなしさん 今晩は! お久しぶりです。
 本当に素晴らしい夕べでした。確かに今も大満足です。特に初登場のかがり火の炎がまだ瞼に浮かびます。しの笛の音色も耳に残っています。
 また、1カ月後は竹の皮ぞうりづくりの募集をしなければなりません。しかしこれは講師が今4名位ですので定員を20名にしています。
 またその1カ月後は門松づくりです。本当に気の休まる暇がありません。
 海のはなしさんは冬季のお忙しさはいかがですか?

この記事へのトラックバック