第1回 蚊帳キャンプ2日目

 2日目の朝6時起床、洗面して、6時30分から約1.5km離れた九州1広いと言われる人造池までの散歩、水面近く泳ぐ魚も見えました。

 
画像


 朝食はお母さん達の白ご飯とみそ汁でした。

 
画像


 その後、炊飯場やテントサイトの片づけをしました。
 
 
画像


 そして「竹林ゴルフ」、これは初披露のゲームで、「竹林でないと楽しめないゲーム」を今まで考えてきました。そして5ホール、30人分の競技用具、更に競技法や注意書、スコアー表も準備しました。
 子ども達は、6人ずつ5組、各組が各ホールから一斉にスタート、ゴールの地面に埋められた缶にボールを打ち続けて入れるまでの打数を全ホールの累計で勝敗を決めます。少数打数の優位としたゲームです。
 要領はゴルフと変わりませんが、打つ前方には沢山の孟宗竹がはだかって思うように進めないこと、打つボールはスポンジボール、バットは柔らめのおもちゃ、ボールは約60cmの長さの唐竹を地面に刺しながら、その頭に置いて打ちます。腰に紐でぶら下げた竹筒にスコアー表を入れ、固定した鉛筆さしに鉛筆を刺して打数を記帳しながら進みます。

 
画像


 ゴールの缶近く、約2mの範囲からは地面にボールを置いて打つようにしました。

 
画像


 5ホールの打数の累計で最も少ない31打で回った子どもが優勝しました。
 感想を聞いたら、殆どの子どもが楽しかったと言ってくれましたので、この「竹林ゴルフ」は成功したと、とっても嬉しく、今後の活動メニューに加えられると意欲がわいてきました。

 早く終わった子どもには、フリスビーディスクゴルフ(傘を逆さに開いた中に投げ込むゴルフ)をしてもらいました。このゲームも、ディスクを円の輪をくぐらせながら進むなどの楽しさなど工夫してゲームに加えたたいと思っています。
 
 次の活動「秘密基地づくり」は時間がなく、現地でこのように基地づくりしたいという説明だけで終わりました。
 閉会式です。お迎えの保護者も多く、ねぎらいの言葉で疲れも吹っ飛びました。

 
画像



 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風の旅人
2008年08月02日 00:08
竹林の中でプレーするゴルフ。
なかなか考えましたね。
想像力を働かせて、楽しい遊びを考える

自然との共存を考えながら、樹木を使っての遊び方を学ぶことは、とっても良いことやなあ
現在CO2の排出が大きな社会問題となっています。
植物はCO2を吸収してくれます。

竹林にも適度な光と風が通るように、間引きも大事な仕事なので、子供達が自然から学び教えられることはたくさんあります。
遊びを通して学んでいく、こうした貴重な体験は、将来きっと役に立つと思います。
2008年08月02日 21:32
 風の旅人さん 今晩は! コメントありがとう!
 このキャンプ、本当に親の方々から喜ばれました。親ではできない体験が気に入られたのでしょう。
 箸づくりで肥後の守のナイフの怪我はありませんでした。私の注意は「ナイフの刃の前の方に手を出さないこと」だけでした。子どもは危険なことはすぐ感知し気をつけてくれますね。やらせればできると励ますことですね。
 次の特別イベント、8月9日(土)が頭が痛いところです。

この記事へのトラックバック