初の竹の落ち葉の遊びゲームを準備

 明日はB・S(ボーイスカウトビーバー、カブ隊)約35人が筍狩りに挑戦されます。

 明日は「竹の落ち葉を利用した遊び」を提供しようと準備ができています。その遊びを子ども等にさせてくれるか伺ってOKなら、「遊びゲーム」の初披露となります。その感想はどうだろうかと心配もしていますが・・・。結果は後日報告いたしましょう。

 4日間毎朝小石混じりの砂利を買って、軽トラックで竹林の道のくぼみに敷きました。梅雨時道がぬからないようにします。後2日間で終わりになります。

 写真は砂利を大型ショベルカーから軽トラックに積み込んでいるところと山道に砂利を敷き詰めているところです。

 
画像

 
 
画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月26日 23:42
村さん、こんばんわ!この作業を村さん、一人でやったの?
奥さんにはさせないでね!かわいそうだから。あんなにかわいい、ステキな奥さんは飾っておきなさい!!村さんがひとりだけでやればよろしい。
ところで「ぬかる」って標準語?みんな分かるかな。(・-・*)ヌフフ♪
別にケチつけてるんじゃないよ。ぬかる・・・ぬかります・・・
分かるかなあ~。みんなの反応が楽しみやなあ~。広辞苑開くのがめんどいから。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ!!標準語かもね!
風の旅人
2008年04月26日 23:57
砂利を敷き詰めるのですか。
近かったら応援に行きたいところです。
とまあ口から出任せかも知れまへんが、ホンマに大変ですね。

道が「ぬかる」といいますよ。
「ぬかるみ」に入らないように歩きなさい、ともいいます。
ようわかりまっせ。
標準語でっしゃろ。

方言はどんどん入れて欲しい。
わかるとかわからないと言う問題じゃなく、言葉の持つ意味を大切にしたい。
言葉によっては標準語に置き換えると、全然趣のない言葉になってしまうでぇ。
海のはなし
2008年04月27日 18:51
軽トラがかなり沈み込んでるようですが、
積載量オーバーではないですか?笑
と言う海のはなし、餌の配達は毎回積載量オーバーの状態ですが…
【「遊びゲーム」】
このゲームには特別にご褒美があるのですか?
どんなゲームだったんでしょうね?
次の記事が楽しみです。
みかりん
2008年04月27日 20:17
本日 筍堀に参加させていただいたボーイスカウトのビーバーの母です
うちの子はまだ5歳なので かぶと虫の幼虫に夢中でしたが、私は
筍堀楽しかったし試食もおいしかったです♪
帰って早速水槽に幼虫を移し変えました。
予想外の大きさに 留守番だった父、娘もびっくりしていました
アドバイスどおり ガラス瓶にも入れてみましたらすぐに移動して
底の方に陣取っておりました。
「毎日写真撮ろう!」と親のほうが童心に返って興奮していました
貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました!
また寄らせていただきますね!!
2008年04月27日 21:43
 さよちんさん 今晩は!
 かわいいという言葉は30年くらい前に使えたかもしれませんが、今ではしわも多いおばあちゃんです。でも確かによく頑張ってくれます。いつも感謝しています。

 「ぬかる」は昭和43年発行の模範辞典に「道などの泥深い所、ぬかるみ」とあり標準語にあることが分かりました。いつもアドバイス本当にありがとうございます。
 
2008年04月27日 21:54
 風の旅人さん 今晩は!
 「ぬかる」は標準語でした。地方では方言が共通語ですので、何も考えずに方言を使ってしまいます。言われる通り、それが長い年月掛けてでき上がった文化、趣でしょうね。素晴らしいことを教えていただきました。

 会場の竹林を少し広げ駐車場にしたいと道の整備を始めました。約30台位の駐車は会場周辺にできるようにしたいと思っています。
2008年04月27日 22:03
 海のはなしさん 今晩は!
 「遊びゲーム」の事は、新規ブログでご覧ください。そして、感想をいただけたら幸いです。

村さん
2008年04月27日 22:16
 みかりんさん 今晩は!
 今日は遠い所をおいでいただき、また皆さんの素晴らしい指導ぶりを見聞させてもらってありがとうございました。

 早速のコメントをとてもうれしく拝見いたしました。今後もよろしくお願いします。

 幼虫は7月中旬頃まで?あちこち動き回ります。糞は上の方に上ってしますので糞が多くなったらその部分を棄て、新しい腐食土を入れてください。要は水加減で土を握りしめその指の形が残る柔らかさを保ってください。きっとさなぎに脱皮する様子などが観察できると思います。
 

この記事へのトラックバック